2021.06.10

京都市電をテーマとする4館連携展示とデジタルスタンプラリーの開催について

 この度、「京都市電関係資料」の本市有形文化財指定と、市営地下鉄開業40周年を記念して、京都市歴史資料館・琵琶湖疏水記念館・京都鉄道博物館・京都市考古資料館で、京都市電をテーマとする4館連携展示とデジタルスタンプラリーを開催しますので、お知らせします。

※ 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、人数制限やイベントの中止等、内容を変更する場合があります。詳細は、各館公式ホームページで御確認ください。

 

1 京都市電をテーマとする4館連携展示について

■京都市歴史資料館

○展覧会名称  

特別展「こんにちは京都市電-京都市電関係資料をひもとく-」

前期「はじめての京都市電-初級編」

 

 

○日時  

6月18日(金)~8月29日(日)

午前9時~午後5時、月曜日休館・祝日特別開館

○入館料   無料
○HP   京都市歴史資料館公式ホームページ

 

■京都市考古資料館

○展覧会名称

 及び日時

 

・企画陳列1「汽車土瓶と転車台の煉瓦」

 6月18日(金)~8月1日(日)

・企画陳列2「地下鉄烏丸線の発掘調査」

 8月6日(金)~9月26日(日)

午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

月曜日休館(月曜日が祝日・休日の場合は翌平日)

 

○入館料   無料
○HP   京都市考古資料館公式ホームページ

 

■琵琶湖疏水記念館

○展覧会名称  

「琵琶湖疏水が支えた京都市電-水力発電が果たした役割」

 

 

○日時  

6月18日(金)~9月26日(日)

午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

月曜日休館(月曜日が祝日・休日の場合は翌平日)

○入館料   無料
○HP   琵琶湖疏水記念館公式ホームページ

 

■京都鉄道博物館

○展覧会名称

 及び日時

 

「関西の鉄道」コーナーミニ展示

・「京都市電・市営地下鉄のあゆみ」

 6月19日(土)~8月29日(日)

・「京都の鉄道と琵琶湖疏水」

 9月4日(土)~11月7日(日)

午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

水曜日休館、祝日・夏休み開館

※8月30日(月)~9月3日(金)は展示替えのため,ご見学いただけません。

 

 

○入館料  

一般1,200円 大学・高校生1,000円 

中・小学生500円 幼児(3歳以上)200円ほか

 

○HP  

京都鉄道博物館公式ホームページ

 

 

※そのほか京都市歴史資料館の親子向けワークショップや、京都鉄道博物館の「おとなの学び講座」などの関連企画も。詳しくは、各館ホームページで御確認ください。

 

 

2 デジタルスタンプラリー「京都市電、思い出探訪」の開催について

 スマートフォンアプリ「京都遺産めぐり」において、連携展示4館を含めた市電に関する施設をめぐるコースのほか、市電跡などをめぐるコースなど全3コースのデジタルスタンプラリーを開催します。達成するとそれぞれ先着順で景品を贈呈します。

 

 詳しくはこちらへ