研究紀要

全国の国宝の約19%,重要文化財の約14%が京都市に集中しています。これら以外にも京都市の指定・登録文化財が多数あります。これらの文化財が価値付けされるに際しては基礎調査が行われています。また、文化財の保存及び研究を進める中で新たな発見も生まれています。これらの基礎調査の成果や新発見の情報について公開する目的で研究紀要を刊行します。

研究紀要の刊行には主に四つの目的があります。刊行物ではなく、デジタルデータとして配信しますので、利活用いただければ幸いです。

1 今後の文化財指定に必要な基礎調査に関する成果の公開
2 本市文化財保護行政の取組成果の公開
3 本市文化財から見た歴史・文化環境の復元
4 本市文化財のもつ魅力の発信

京都は、日本最大の「文化財都市」です。全国の国宝の約19%、重要文化財の約14%と、まさに集中して存在しています。むろんこれら以外に、指定・登録文化財も多数あります。文化財都市という言い方は、けっして大げさではありません。これらの文化財がどのような価値と意味を持つのかを確かめるために詳細な調査や研究が行なわれますが、この『研究紀要』ではその成果と、あわせて調査・研究の過程で新たに発見された文化財に関するさまざまな情報を公開いたします。
京都市には、指定・登録された文化財のほかに、たくさんの文化財があることも見逃すことはできません。市井の片すみの小さな石仏、街なかの袋小路に残ったふつうの町家、それらは今の指定・登録の基準からするとたしかにその対象にはならないでしょう。しかしそれらもまた市民の暮らしのなかに生きる、欠かすことのできない文化財なのです。
さらに申せば、こうした文化財の背後にある長く深い京都の歴史が、これまた見逃されてはならないと思います。京都市にある文化財は、京都という土地に張りついた文化財が大多数なのでして、そしてそれはその土地に営まれてきた歴史と切り離して考えることはできません。歴史を生きた京都市民がそれらの文化財を生みだしてきたのでして、単なるモノとして調査・研究するだけでは、じゅうぶんとは言えないのです。市民とともに文化財はあったし、またこれからもある、ということを忘れないようにしたいと思います。
いささか固くなりましたが、京都市文化財保護課『研究紀要』創刊号デジタルデータを配信するにあたって、ご挨拶の言葉といたします。

文化財保護審議会 委員長 井上 満郎

創刊号

記念寄稿

  • 京都市の文化財保護行政とその歩み

    梶川 敏夫

    PDF

建造物

  • 京都ハリストス正教会生神女福音聖堂の建築経緯について

    石川 祐一

    PDF
  • 白山神社所蔵史料「元治元年 田貫村惣堂 御堂普請諸造用覚帳」について

    原戸喜代里

    PDF
  • 養源院客殿の仏壇羽目板

    (狩野山楽筆「唐獅子図」)の修理事業について

    千木良礼子
    安井 雅恵

    PDF

美術工芸品

  • 曽我蕭白筆「雲龍図」襖(十念寺蔵)について

    安井 雅恵

    PDF
  • 園祭・八幡山の鶴形欄縁金具修理における

    蛍光エックス線分析調査と復元製作について

    山下 絵美

    PDF

名勝

  • 山県有朋と無隣庵保存会における無隣庵の築造と継承の意志の解明

    今江 秀史

    PDF

民俗文化財

  • 「地蔵盆」に関するアンケート調査結果

    村上 忠喜

    PDF
  • 大原野神社の御田刈祭と相撲の神事

    福持 昌之

    PDF

埋蔵文化財

  • 洛外における堀の変遷

    馬瀬 智光

    PDF
  • 弥生時代後期~古墳時代初頭における羽束師遺跡

    黒須亜希子

    PDF
2018年1月
京都市 文化市民局 文化芸術都市推進室 文化財保護課