テーマ6

京町家とその暮らしの文化

未来にのこしたい
日常に息づく美と文化

奥行きのある細長い造りから「鰻の寝床」と呼ばれる京町家。京都の象徴といえる存在であり、長い歴史の中で様々な暮らしの知恵と工夫を積み重ねながら発展してきました。住み、働き、学び、憩うことのできる京町家は、住民の力で現在まで受け継がれてきました。
しかし、近年は取り壊されることも多く、その数は減少傾向。そのような中、民間の取組により2017年には3月8日がMarch8として「町家の日」に制定されるなど、京町家の保全と再生に向けた積極的な取組が推進されています。
京町家の意匠や多様な町家建築、それらが形成するまち並み、生活文化…すべて京都の貴重な文化遺産です。今一度、京町家の伝統や美意識、文化などを"発見"し、京町家とその暮らしの文化に息づく魅力を感じてみましょう。

撮影/水野克比古

発見!京町家を知る 1

から見た京町家
多彩な造り

昭和25年(1950)以前に建設された木造建築物のうち、
伝統的な構造及び都市生活の中から生み出された形態または意匠を有するものを定義とする京町家。
まずは、外観に注目しましょう。

※掲載内容は一例でほかにも多種多様な造りがあります

通り庇とおりひさし

京町家の表に面する通りに向かって伸びる庇。庇の下は、誰もが通れる通り道である一方、ばったり床几の設置スペースとしても活用。半公共的な空間になっています。

一文字瓦いちもんじがわら

京町家の軒先の瓦の下端は、切り落とされたように真っすぐ揃っています。こうした真一文字の瓦にして水平ラインを強調することで、統一感のある美しいまち並みを生み出しています。

駒寄せこまよせ

人や馬を必要以上に家へ近づけさせないための柵。昔は馬や牛をつなぐためにも利用されました。また軒下空間を家主が活用しやすくするための囲いにもなっています。

虫籠窓むしこまど

土で塗り固めた格子状の窓。厨子二階(※)に多く見られる意匠です。通風、採光、防火目的のほか、表の道を通る人々を見下ろさないためともいわれます。
※天井を低く設計した表に面する2階の部屋のこと

大戸・くぐり戸おおど・くぐりど

大きな荷物を運ぶ時は大戸、夜間の人の出入りなどには防犯の目的もあり、大戸の一部に設けたくぐり戸を使います。そうすることで、室内温度をなるべく一定に保つ効果もあります。

ばったり床几ばったりしょうぎ

軒下にしつらえた収納可能な折り畳み式の台。店の商品の陳列棚や休憩用の椅子として活用されます。

格子こうし

採光以外にも、外を歩く人から家の中が見えにくく、家の中からは外の様子が良く見えるという防犯機能を持ち併せています。

格子の種類

営む商売の種類などによって格子のデザインが異なります。

「うだつが上がらない」の語源とは?

建物の端の壁を高く上げて屋根にのせた部分を「うだつ」といい、隣家で火災が起きた時の延焼防止を目的としています。装飾としても重要になり、立派なうだつのある家を建てられないという意味で、ことわざの「うだつが上がらない」の語源のひとつともいわれています。

発見!京町家を知る 2

で見る京町家の多彩な造り

職住共存を基本とする京町家。
その内部には、ライフスタイルに適した機能性と芸術性を兼ね備えた工夫が随所に凝らされています。
そうすることで、便利かつ心地良い暮らしを京の人々は実現してきました。

※掲載内容は一例でほかにも多種多様な造りがあります

座敷ざしき

奥庭に面した座敷は、来客をもてなす場にもなる格式高い部屋。そのため、床柱や欄間などは特別な素材や様式でしつらえられることも多く、こだわりと誇りを感じる空間に仕上がっています。

火袋ひぶくろ

おくどさんを置いた場所に設けられた吹き抜け空間。炊事による熱や煙などを逃がします。小屋組の梁の行きかう造形美は職人技の見せ所。

坪庭・奥庭つぼにわ・おくにわ

坪庭は、部屋と部屋の間にある小さな庭であり、奥庭は、家の奥にある座敷に面した庭のことを指します。都市部にあっても四季折々の自然を楽しめる空間として整えられ、風と光を取り込むだけでなく、火災時の延焼を防止する役目も担っています。

通り庭とおりにわ

玄関から奥へ続く細長い土間で、家の中に光や風を取り込みます。通りに面した表は客人の対応や作業場になる「店庭」、おくどさんを置く炊事場は「走り庭」と呼び分けます。

京独自の建築材

京町家の建築には、木、竹、紙、土、石 といった自然素材が活用されます。中でも、約600年前から北区中川を中心とした地域で生産されてきたという北山丸太は、独特の光沢ある木肌から床柱などに用いられてきました。

発見!京町家を知る 3

京町家に見る暮らし文化

京都には暮らしの中で育まれてきた四季折々の年中行事があります。
これらは人々の生活に寄り沿いながら、行事や季節に応じたしつらえ、食文化、信仰などを先人の知恵として今日まで継承・発展させてきました。
地域や家庭によって違いはありますが、京町家に暮らす人々が大切にしてきた年中行事にまつわる暮らしの文化を紹介しましょう。

正月

元旦、各家庭に福をもたらす年神様を迎え、幸を授かるために様々な行事や風習が生まれました。年神様を迎える準備が整った後に飾る注連かざり、長寿を祈る平安時代の風習にちなんだ根引松、神様とともに使う柳箸で食す白味噌雑煮。いずれも一年の幸福を祈る人々の想いが形となって受け継がれています。

神様が好む白色(白味噌)、円満な暮らしを願う丸餅、出世や子孫繁栄を祈る頭芋などが京雑煮の特徴
近年は注連かざりを家の出入口に飾ります
根っこが付いた松の門松「根引松」
節分

平安時代の宮中で行われていた追儺という大晦日の行事が、立春前日に一年の無事を祈る鬼やらいの行事として定着。家庭では豆まきや、焼いたイワシの頭を柊の枝に刺したお守り「柊鰯」を玄関口に飾り邪気祓いをします。

鬼はイワシの匂いや柊のようなとげのある葉を嫌うとされています
子どもの成長を祈る行事

女の子の成長を祈る上巳(桃)の節句といえば「ひな人形」。京都では宮中にならい、向かって右に男雛、左に女雛を並べます。また、生魚を使わない「ばらずし」や、宮中儀式に用いた戴餅に由来する菓子「引千切」は、ひな祭りの行事食です。5月になると、男の子の誕生と成長を祝う端午(菖蒲)の節句があり、通り庇の上に菖蒲を飾ったり菖蒲湯に入ったりすることで穢れを祓います。この日に食す和菓子のひとつが柏餅。京都では白味噌入りも好まれます。

邪気祓いの力があるとされる菖蒲を軒端に飾る「軒菖蒲(のきしょうぶ)」
建具替えたてぐかえ

祭事や季節にあわせ、京町家のしつらえを替える建具替え。そして季節に応じた花や掛け軸などを飾り自然を取り込む床の間。こうした季節ごとの模様替えは、京町家で心地良く暮らすための知恵であり、生活にリズムをもたらします。

本格的な夏の前には、畳に網代(あじろ)を敷いたり障子を葦戸(よしど)に替えたりと涼しく過ごす工夫を凝らします
床の間
門掃き・打ち水かどはき・うちみず

昔ながらの風習である、家の前の道を掃き清める門掃きと打ち水。とくに打ち水は夏を涼しく過ごす工夫でもあります。こうした暮らしの習慣は、住民同士のコミュニケーションを深め、地域の生活文化を育むきっかけにもなっています。

地蔵盆じぞうぼん

8月24日頃、地蔵菩薩の縁日にちなみ多くの町内で行われている行事。お地蔵さんを祀る祠の前などで地域住民が企画した子ども向けのプログラムが実施されます。伝統的な数珠まわしや「ふごおろし」、お菓子配りなど、世代を越えた交流の場にもなっています。
※地蔵盆は「京都をつなぐ無形文化遺産」にも選定

平成25年度に行った地蔵盆アンケートの回答があった地域のうち約8割の地域が地蔵盆を実施
おくどさん

「おくどさん」は米や料理を煮炊きするかまどを指す京ことば。京町家の通り庭や奥の土間によく設けられます。おくどさんのそばには「火迺要慎(ひのようじん)」と書かれた愛宕神社の護符や伏見人形の布袋さんを飾り、火除けを祈る風習があります。

京都遺産「世代を越えて受け継がれる火の信仰と祭り」もCheck!

暮らしに息づく伝統の食文化

発見!京町家を知る 4

京町家行ってみよう

京町家といっても、その建築様式は多種多様。
建築された時代や地域、生業などによって造りが異なります。
実際に足を運べば、それぞれの違いや京町家の魅力が、より一層伝わるでしょう。

※掲載施設の公開時期や方法はそれぞれ異なります

河﨑邸 陶点睛かわさきかわさきてい とうてんせいかわさき

五条坂で8代続く陶器店。明治期に5代目が建てた京町家は虫籠窓がある厨子二階建てで、坪庭が店内に光を取り込んでいます。改修時は「京町家まちづくりファンド改修助成事業」が適用され、外壁の修復やばったり床几の設置などが行われました。

杉本家住宅すぎもとけじゅうたく
国重要文化財

江戸時代に創業した呉服商の京町家。現在の建物は江戸末期の大火後、明治3年(1870)に再建され、大規模な商家の佇まいを受け継いだものです。祇園祭では、伯牙山の懸装品を飾るお飾り場に。なお、座敷庭や走り庭といった庭は、国の名勝に指定。
※「京都を彩る建物や庭園」制度認定

冨田屋 田中家とんだやたなかけ
国登録有形文化財京都市景観重要建造物

明治時代の呉服問屋創業時に建てられた京町家は、西陣の商家ならではの特徴を残す職住一体型。能舞台や武者小路千家9代家元が監修した茶室も有しています。現在は「くらしの美術館」として暮らしのしきたりや風習を伝える活動も。
※「京都を彩る建物や庭園」制度認定

長江家住宅ながえけじゅうたく
市指定有形文化財

代々呉服卸商を営んできた長江家は、南北それぞれに厨子二階の主屋を持ち、店舗と住居からなる職住一体型の大型京町家。祇園祭の際に「屏風祭」(ミセ、ゲンカンに屏風や嗜好品などを飾って公開)を行うのも、山鉾町界わいの旧家ならではの文化です。一般公開は「屏風祭」を行う年3日間のみ。

長谷川家住宅はせがわけじゅうたく
国登録有形文化財

かつて庄屋を務めていた長谷川家住宅は、寛保2年(1742)の建築で、今では珍しくなった京都市南部の近世の大型民家です。重厚な佇まいの農家住宅でありながら、主屋の2階に虫籠窓が設けられるといった京町家の影響も見られます。
※「京都を彩る建物や庭園」制度認定

らくたび京町家(旧村西家住宅)らくたびきょうまちや(きゅうむらにしけじゅうたく)
国登録有形文化財京都市景観重要建造物

呉服商の大番頭が昭和7年(1932)に建てた京町家。高い塀を取り付けた大塀造りという住宅建築です。取引先のお客様をもてなすため、家屋の前に設けた玄関庭、奥庭に面する広々とした大座敷、国宝の茶室・待庵を手本とした茶室などが設けられています。

北区 らくたび京町家紫野別邸(荒川家住宅)
明治期に建築。おくどさんが印象的
上京区 水野克比古フォトスペース「町家写真館」
明治初期の典型的な表屋造りの京町家を修復した写真ギャラリー

山中油店
老舗油商の店舗で、創業した江戸後期の面影を残す建築国登録有形文化財
左京区 瀧澤家住宅
鞍馬街道沿いに建つ京都市内最古級の京町家国重要文化財
中京区 小川家住宅
江戸時代には大名の宿舎としても活用された個人住居国重要文化財

キンシ正宗堀野記念館
かつての造り酒屋で、酒蔵の遺構や道具類も残る国登録有形文化財

島津製作所 創業記念資料館
島津製作所創業者の住居で本店でもあった木造2階建て建築国登録有形文化財

八木家住宅
壬生村の旧家で新選組の宿所ともなった邸宅市指定有形文化財

吉田家住宅(京都生活工芸館 無名舎)
白生地問屋を商った京商家の典型ともいうべき表屋造りの町家国登録有形文化財
東山区 旧並河靖之邸
七宝家・並河靖之の旧邸。伝統的な職住一体の佇まいを遺す近代和風住宅。京町家の構えに新しい要素も国登録有形文化財

下里家住宅
祇園のお茶屋の特徴を残す明治期の建築市登録有形文化財
下京区 角屋
江戸時代のもてなしの場「揚屋」建築の遺構国重要文化財

秦家住宅
代々薬業を営んでいた秦家の店舗兼住宅市登録有形文化財

輪違屋
古い由緒のある島原の「置屋」で、元禄年間創建と伝わる市指定有形文化財

※掲載施設の公開の有無、方法はそれぞれ異なります

京町家とその暮らし文化」は、
なぜ「京都遺産」なのか

発見!京町家を知る 5

京町家路地風景

膏薬図子

通りから一歩足を踏み入れたところにある、京町家が並ぶ細い通路。京都では「ろーじ」とも呼ばれる路地空間も、大切に守っていきたい歴史あるまち並みのひとつです。路地には職人の仕事場や住まいが並び、生活が営まれてきました。各家に広い庭や大勢で集まることのできるスペースがない代わりに、路地そのものが暮らしの空間になります。ご近所さんとの井戸端会議、子どもの遊び場、地蔵盆の会場などに利用されることで、路地は暮らしの安全を保ち、豊かさも育みます。

図子とは
路地の多くは通り抜けができない細い道ですが、通り抜けできるものを図子(辻子/ずし)と呼ぶことがあります。
現代における路地の新・活用方法

近年、路地や京町家の魅力に惹かれた国内外の人々によって、新しい活用方法が生まれています。たとえば、アーティストのアトリエ、シェアオフィス、ギャラリー。こうしたニーズが高まるとともに、実際に暮らしてみたいという需要も増えています。

撮影/松村シナ

発見!京町家を知る 6

京町家があるまち並み

祇園新橋

住民が主体となった活動のもと、美しく保たれ続けている京町家の歴史的な景観。こうした地域を「伝統的建造物群保存地区」、「歴史的景観保全修景地区」、「界わい景観整備地区」に市が指定することで京町家を含む歴史的建造物の保全を目指すとともに、修理・修景の助成を行っています。また平成29年には「京都市京町家の保全及び継承に関する条例」を制定。この条例をふまえ、個別の京町家の指定(個別指定)や京町家が集まる地区を指定し、保全継承を目指す取組を進めています。

京都市京町家の保全及び継承に関する条例に基づく指定地区(平成30年12月28日時点)

先斗町京町家保全継承地区
祇園縄手・新門前京町家保全継承地区
祇園新橋京町家保全継承地区
万寿寺通(東洞院通から寺町通まで)京町家保全継承地区
※個別指定を受けた京町家は全346件(平成30年12月28日時点)

京町家にまつわる制度

京都を彩る建物や庭園
京都の財産として残したいと思う建物や庭園を市民から公募して選定し、特に価値が高いものを認定。京町家のほか様々な文化財の維持継承を市民ぐるみで目指しています。

京町家まちづくりファンド
篤志家の方からの寄附と京都市、国からの支援をもとに、(公財)京都市景観・まちづくりセンターが設立。市民・企業からの寄附をいただきながら、京町家の保全・継承の取組を支援しています。

認定テーマ

  • 北野・西陣でつづられ広がる伝統文化
  • 山紫水明の千年の都で育まれた庭園文化
  • 世代を越えて受け継がれる火の信仰と祭り
  • 明治の近代化への歩み
  • 千年の都の水の文化
  • 京町家とその暮らしの文化
  • いまも息づく平安王朝の雅
  • 千年の都を育む山と緑