祇園祭創始1150年記念事業レクチャーシリーズ
「祇園祭 温故知新」

祇園祭は、八坂神社社伝によると、貞観11年(869年)、国内各地で発生した天変地異や疫病の流行を受け、全国の平安を祈るため、66本の矛を立て、神泉苑に神輿が送られた「御霊会」が起源とされており、本年、1150年を迎えます。
この度、1150年の節目の年に、祇園祭の起源と理念を再認識し、市民の皆様に一層魅力に触れていただくため、下記のとおり、レクチャーシリーズ「祇園祭 温故知新」を開催しますので、お知らせいたします。
なお、本事業は、京都市生涯学習振興財団との共催により、「ゴールデン・エイジ・アカデミー」の一環として開催いたします。

概 要

事業名

レクチャーシリーズ「祇園祭 温故知新」

時期

令和元年8~11月 ※全4回

会場

京都市生涯学習総合センター(京都アスニー)
(京都市中京区丸太町通七本松西入)

主催

京都市,公益財団法人京都市生涯学習振興財団

共催

八坂神社,公益財団法人祇園祭山鉾連合会

定員

600名

参加

無料、事前申込不要(先着順)

各回の内容

第1回

ゴールデン・エイジ・アカデミー・スペシャル

【テーマ】祇園祭 戦後のあゆみとこれから

開催時期

令和元年8月31日(土)午後2時~4時

講師

植木 行宣 氏(全国山・鉾・屋台保存連合会 顧問)
仲林 亨 氏(八坂神社 権禰宜)

第2回

ゴールデン・エイジ・アカデミー・スペシャル

【テーマ】祇園祭を支える人々:山鉾町と神輿会

開催時期

令和元年9月29日(日) 午後2時~4時

講師

福井 藤次郎 氏(祇園祭山鉾連合会 副理事長)
吉川 忠男 氏(三若神輿会 幹事長)

第3回

ゴールデン・エイジ・アカデミー

【テーマ】動く美術館「山鉾」の装飾品の修理と継承:新調修理事業の現場から

開催時期

令和元年10月25日(金)午前10時~11時25分

講師

吉田 孝次郎 氏(祇園祭山鉾連合会 顧問)
吉田 雅子 氏(京都市立芸術大学 教授)

第4回

ゴールデン・エイジ・アカデミー

【テーマ】祇園囃子の背景:太鼓,鉦,笛の調和

開催時期

令和元年11月8日(金)午前10時~11時25分

講師

山路 興造 氏(京都市文化財保護審議会 委員)
木村 幾次郎 氏(祇園祭山鉾連合会 副理事長)

お問合せ先

〒604-8006 
京都市中京区河原町通御池下る下丸屋町394番地 
Y・J・Kビル2階
京都市 文化市民局 文化芸術都市推進室
文化財保護課(担当:原,今中)

電 話:075-366-1498
FAX:075-213-3366